当院の『鍼』について

鍼のはり治療について

皆さんは鍼に対するイメージはどのようにお持ちでしょうか?

鍼に興味があるけど『痛い!?』『怖い!?』などハードルを高く感じられている方が多いと思います。
日本ではまだ人口の数%の方しか経験されていません。
その理由として個人的には『鍼=病院の注射を連想』『東洋医学は何だか怪しい』などで躊躇されることが要因かなと思っています。

欧米では素晴らしいことに、鍼の効果が近年見直されスポーツ選手や一般の方にも広まっております。

当院で行う鍼は解剖学・生理学・臨床学など西洋医学の考え方をベースに東洋医学と組み合わせた施術になります。

鍼の技法も患者様の施術に対する目的や症状に合わせて刺激量を変えて、分けています。

リラクゼーションとしての『気持ちの良い鍼』

治療としての『しっかりと効かせる鍼』

リラクゼーションの『気持ちの良い鍼』でも効果は期待出来ますが、治療として行う『しっかりと効かせる鍼』『治癒力・免疫力を向上させる』ことが前提となります。

当院の施術方法の1つとして『深層筋』を刺激し、身体の深部にある筋肉を刺激すると鍼独特の『響き』が強く感じられます。響きは『ズーンと重く感じる』『電気が走る』『ツーンと全体に広がる』など様々です。

身体の深部を刺激するので施術後は身体のめまい・頭痛・倦怠感・筋肉痛など『好転反応(こうてんはんのう)』が起こり、この好転反応こそ治癒力・免疫力が向上して『回復している証』となります。好転反応は『2日~1週間』で収まります。

当院では治療としてご来院された方でも初めて鍼を受けていただく方は刺激が少ないリラクゼーションの『気持ちの良い鍼』をお勧めしており、鍼の刺激に慣れていただいてから鍼の長さや太さを変えていきます。

鍼に興味がある方はお気軽にご連絡下さい。
1人1人に合った施術プランをご提案致します。

関連記事

  1. 治療に通う頻度はどうすれいいの?

  2. 遠赤外線療法

  3. 健康のありがたみ