鍼灸の効果の現われ方 

鍼治療

鍼灸の効果は【直後効果】と【事後効果】があるといわれています。

鍼灸の効果は【直後効果】と【事後効果】があるといわれています。

(1) 直後効果

鍼灸を受けた後に、直ぐに感じられる効果の事をいいます。

(2) 事後効果

鍼灸を受けた後、一定の時間が経過してから感じられる効果の事をいいます。

鍼灸の効果の現われ方は、それぞれ、患者様により個人差が異なります。
この違いは、症状の程度、患者様の体質や生活環境など様々なことが考えられます。
どちらの効果が優れているというわけではなく、鍼灸を受けていただく目的は患者様の免疫力・治癒力を向上させて患者様に健康になっていただくことです。鍼灸の効果は1~2週間といわれており、当院の通院頻度は症状の程度により基準を設けております。
(通院頻度の基準はこちらから) 患者様の施術の目的が治療なのか、もしくはメンテナンスなのかで治療頻度も異なります。
患者様のご希望にあったコースをご提案させていただきたいと思います。

お身体でお悩みのことがございましたら、お気軽にご連絡ください。
ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

 

関連記事

  1. 帯状疱疹の治療② 男性:50 代

  2. 東洋医学の考え(湿邪)

  3. ぎっくり腰が増えています!